綺麗な歯を保つためには歯医者で治療|早めの治療で歯を守る

最も恐ろしい病気

歯の治療

歯のトラブルの中で最も恐ろしい病気として歯周病が挙げられます。歯周病になると人体に様々な影響を与え病気になる可能性もあるとされているのです。そのため、西宮の歯医者で早めに治療しておくようにしましょう。

More...

適した場所を探す方法

院内

歯並びが悪くなる原因には様々なことが考えられています。歯並びを良くするためには、銀座にある矯正歯科で治療を行なう必要があります。自分に適した歯科を見つけることが大切であるため、きちんと探すようにしましょう。

More...

費用について

治療器具

インプラントは失った歯を取り戻すための治療法です。京都の歯科ではインプラント治療を行なっています。治療するにも費用がかかるため、費用について知っておくとよいでしょう。

More...

虫歯の症状

院内

虫歯予防には歯ブラシできちんと磨くことが大切とされています。しかし、きちんと磨いていても磨き残しによって虫歯になることがあるのです。万が一虫歯になってしまった場合は、小金井にある歯医者できちんと治療を行なうようにしましょう。小金井にある歯医者では、段階によって虫歯の症状を判断しているのです。症状にはC0からC4までの段階に分かれているのです。C0は、初期段階でありほとんどの人は痛みやしみるなどの自覚症状がないとされています。症状としては、歯の表面が白濁して見える程度であるため気にしない人も多いのです。また、歯ブラシを使って正しく磨き続けることで治すこともあるため、歯科に通わなくても問題はありません。C0が進行するとC1の段階になります。C1は、虫歯菌によって歯が溶かされてしまう状態です。そのため歯の表面が黒くなったり、黒ずんで見えたりするのです。しかし、C0と同じように痛みなどがないため自覚症状がないとされています。C2になると虫歯菌が象牙質の部分まで侵食することによって神経がやられてしまいます。それにより、冷たいものや温かいものを食べるとしみるため自覚し始める人も多くなるのです。症状が更に進行してC3になると、歯に大きな穴が開いてしまい激しい痛みが伴います。このような状態になると、小金井にある歯科では神経や血管を取り除き、銀歯などの被せ物をする治療が行なわれます。そして最後のC4では、虫歯菌が歯の根本部分まで侵食してしまうことにより、神経が壊死してしまいます。神経が壊死してしまうと痛みは感じなくなりますが、膿が溜まることによって更に激しい痛みに襲われるのです。そうなると抜歯するしか手段がなくなってしまうため、遅くてもC2の段階までには治療を済ませておくことが大切です。